HelloWorldの山が越えられないプログラミング学習の挫折繰り返し

python学習記録

こんにちは。カヨです。
このブログを始めた目的の一つは、pythonの学習です。
学びたいと思ったのは去年のお正月くらいだったと思いますが、
結局2冊ほど本を購入するものの、進展せず。。

そうなんです。
過去にjavascriptやActionScriptやJQueryやPHPやVBAや・・・
色々プログラミングの学習はしてきているのですが、
プログラミング学習でのお約束のごとく、
HellowWorldを表示させよう!!
の段階で、気持ちが萎えてしまうんです。
おかげでどれもコピペで乗り切り中途半端。。

学習の出鼻をくじかれる個人的な理由として思い当たるのは、
これが出来たからなんだってんでい?
と、思ってしまう所にあります。

何を重要視して勉強を進めたらいいのか、
どこはきっちり覚えて、どこは追々覚えていけばいいのか、
塩梅がイマイチわかりません。

私みたいなタイプ、
目的を示されないとイマイチ理解に苦しむ初学者の場合、
それをどうゆう時に活用するかなど、
先に概念をざっくり押さえてから学習に入った方が、
すんなり進むと思うんですよね。。。

と、まぁ、挫折の理由を他人のせいにする訳なのですが。。。(笑)

プログラミング学習は挫折するも学びたい理由

もう20年も前の話になってしまうのですが。。
htmlが世に出てきた頃の、まぁ、初めの方に、
思い切ってその世界に飛び込みました。
当時は今ほど転職が気軽なものじゃなかったし、
結婚したら専業主婦になるとか、
職業欄に家事手伝いと書くのもポピュラーな時代だったので。。

でも、今から振り返ってみても、あの時あの新しい技術・世界に
飛び込んでよかったと思っております。
途中、無料のツールが沢山出てきたり、
勉強しても次の言語や技術がどんどん出てきて無駄に終わったり、
海外発注が当たり前のようになってきたりで、
危機を覚える事も多々あったのですが・・

まぁ、そんな思いをしながらも、現代、
AIというものが身近になって来ていて、
このタイミングでこれを学ばない手は無いと、
思っているのです。

子供たちがプログラミング教育必須となる、つまるところ

文部科学省のサイトにて小・中・高等学校の学習指導要領を見ると、
「生きる力 学びの、その先へ」
として指針が示されております。
そして、、

2020年度からの小学校におけるプログラミング教育の必修化

おおお。。
未来を見据えた教育方針ですよね。

未来っていつ??

大人だからやらなくていい理由なんてある?

よく、未来ある子供たちなんて表現が使われます。
全くその通りです。
でも、未来があるのは大人だって同じです。

人生100歳の時代とも言われていますが。。

仮に今、10歳の子供たち、35歳の親世代だとしても。
10年後は20歳、そして親たちは45歳で、まだまだ働き盛りです。

新入社員に老害と言われながらも、
10年も経っていて、
いくらでも学ぶ時間があったと言うのに、
まだ。。
新しい技術にあらがって過ごしているかもしれません。

。。と、これは今現在、
windowsが一般家庭や企業にも普及されはじめた1995年。
あれから25年も経っているというのに、
当時30歳にもなっていなかった、
専業主婦でもなかったはずの
企業勤めの方々が、
いまだにofficeのソフトの操作すらおぼつかない。。
そんな方も大勢居る実情を見ての想像によるお話です。

AIというのは、私たちの生活を便利にしてくれるもの。
って、わかっているけども、
それらの技術を使って世に製品を送り出すのは私たち人間の仕事。

それに関わる職種に需要があるのは至極当然。。

プログラミングスクールは結構、年齢制限がある。

。。と、言う事で、いくつかプログラミングスクールをチェックした事は
あるのですが、
残念なことに、年齢制限を設けているスクールがあるのは事実です。

もちろん、そうした所は就職サポートもしている訳だから、
企業のニーズにマッチした人材を育てるために、
そうせざるを得ません。

よくわかります。

今日からの日課は、とにかく本を開こう

長々と語ってしまいましたが、
そんな訳で、粛々と学習を進めるため、
挫折しないため、
ブログを始めました(^^)
AI開発の必須言語と言われているpython。
1日10分でもいいので、
積読になってる本から、読み進めて行こうと思います✊✨

目的を明確化して学習を進めていこう

さてさて、冒頭に述べた、
私のようなタイプの初学者には、
言語をまなぶ目的は、
それを将来どのように生かして行くのかも、
明確にしておくことが重要です。

これまでのなんちゃて学習の中で、
何となく、出来そうな事は頭の中にあるのですが、
それはこの学習記録の中で、
知識が無い時の自分の貴重な考え方の記録として、
これから考え、綴っていこうと思います✊✨

タイトルとURLをコピーしました