ping送信って何?

こんにちは。カヨです。
あまり深い事は考えず、無料ブログでも、
wordpressでも、ping送信の設定はしてきてます。

自分のブログの更新情報をサーバーに伝えて、SEO対策に良い。

という、漠然とした理解しか頭に入ってないので、
ここでちょっと、勉強してみました。

ドメインサーバーとかレンタルサーバーなら聞いたことあるけど・・

はい!
通常、インターネットでやり取りするデータは、
複数のサーバーによって支えられています💪✨

作ったサイトのデータをアップするサーバーは、webサーバーと言われていて、
こちらは一般的にはレンタルサーバーで借ります。レンタルします。

でも、借りたままではシャレオツなお名前はついていません。
まぁ、詳しく説明すると長くなっちゃうので割愛して、
126.248.xxx.xxx とかね。
IPアドレスというものが割り当てられています。

よく、ドメインを購入したら、Aレコードを設定するなんて言うんですが、
このAレコードに
ドメイン名 IN A IPアドレス
ってな記述をする事によって、IPアドレスをドメインで表示する事が
出来るようになる訳です。

レンタルサーバーを借りれば、このドメインは、
とりあえず最初、レンタルサーバーが提供するドメイン名の範囲で、
好きなものに設定できるようになっているかと思います。

でも、オリジナルのドメイン名を付けたい場合は、
“お名前ドットコム”など、
ドメインの登録を行ってくれるサービスでドメインの購入をします。
こういったサービスを使えば、Aレコードの設定とかは、
申し込み画面の流れに沿って進むだけで代行してくれるわけです。

この辺は、サイトを作りたいと思ったら耳にするサーバーです💪✨

では本題、pingとは。。。

pingってなんじゃ?

pingについてはウィキペディアから拝借してきましょう。

ping(ピンまたはピング)はIPネットワークにおいて、ノードの到達性を確認するためのソフトウェアである。

ですって!!
この後も難しそうな内容がうんたらかんたら書いてあるので、
ここまでの引用としておきますが、
つまり、ネットワークがちゃんと通ってるか確認するためのソフトウェアって事です(^^)

では、ping送信って何でい?

ping送信は、Pingサーバーに情報を送るということ

まぁ、そのまんまなのですが。
これをやる事で、googleさんにインデックスされやすくなります。
つまり時間短縮。
googleさんの検索結果に載りやすくなるって事です。
これによって、被リンクの獲得もできます。

被リンクというのは、外部のサイトからリンクが貼られている事で、
被リンクの数は検索結果の上位表示にも影響が出てきます。
この辺は、実は細かい条件があって、権威性(世に認知されたしかるべき機関とか)の
高いサイトからリンクが貼られてる方がもっと有効なのですが、
被リンク0よりは、何個かあった方が、検索結果が上に上がり始めてきます✊✨

そして、誰でもping送信が出来る送信先と、登録してないと送信できない送信先などが
あります。

たとえば、“ブログ村”などは、ここのランキングに登録したブログだけに対応してるとか。

そして誰でも送れるping送信リストは、
色々な方が情報を公開してくれているので、
今、ここでは割愛しておきましょう。

ping送信の際の注意点

はい。被リンク獲得のため、ただやみくもに送信すればいいというものでは
ございません。
あまり送るとスパム扱い(迷惑行為扱い)を受けてしまいます。

例えば、何度も送信してしまうとか、ですね。。
そんな時は、注意すればよいのです。
wordpressの場合でしたら、それらを回避するためのプラグインが存在しています。


長くなってしまったので、中途半端な感じで今日は終わりにしようと思いますが、
そのうちまた、しっかり書き綴ってみたいと思います(^^)

上手く活用して、自分のサイトが検索結果に表示されて、
色々な方に見てもらえると嬉しいですよね(^^)



タイトルとURLをコピーしました